子育て離婚完全マニュアル メールサポート付き

子育て離婚完全マニュアル メールサポート付き

彼女が離婚を決意したとき、周りからさんざん反対されました。
「女一人で、経済的にやっていけるのか?」

経済的にも決して裕福とはいえませんが、夫と離れることができたため、離婚前より生活にゆとりができました。
公園ではしゃいで遊んでいる子どもを見つめながら、この離婚した母親は、離婚は間違いではなかった、よかったとしみじみと感じていました。
子どもの将来や、経済的なことを考えると、離婚にはなかなか踏み切れないと思います。
私自身が何年も悩んできたので、よくわかります。

あなたが離婚を考えているなら、今すぐ行動することが必要です。

私は、自分自身の離婚の経験に基づいて、どのように離婚準備をしたら良いか、離婚を有利に進めるにはどうしたらいいか、 離婚後の生活はどうすればよいかなどを、マニュアルにまとめました。
大阪府在住の26歳の女性から、感想をいただきました。

大阪府在住26歳S.Tさん
私は四年前に離婚を経験しましたが、このマニュアルを読んで当時の自分をすごく思いだしました。
そして手続きの手順も全く分からないまま子供二人連れて何度も何度も市役所に足を運び本当にしんどかったのを覚えています。
また親権を取る為に家庭裁判所にも走って・・・この資料を読んだ時、 早く私もこのマニュアルに出会ってたらあんなに手際の悪い手続きをしなくて済んだのに・・・と思いました。
最初の手続きで、まずどこに行けばいいのかも分からなく、そうでなくても離婚というすごく苦痛な精神状態で、 せめて手続きだけでもスムーズに行いたいものです。
これから離婚を考えてる方、このマニュアルを読んで頂けたら離婚の手続きや離婚後の不安など少しでも解消できるのではないでしょうか?

離婚を考えているなら、離婚準備 講座(全5回)メールアドレス:

お名前(匿名可):弁護士に依頼をする場合、いくらかかるか知ってますか?日本弁護士連合会で行った報酬アンケート
一般的な事件を受任した場合の報酬について弁護士にアンケートをしたものです。

子供の親権も得たうえで、養育費として毎月3万円の支払いを受けることになった。
※市民のための弁護士報酬の目安 [2005年度 アンケート結果版]20ページより引用。

もしあなたが弁護士に依頼するときにも、
これらの知識をしっていれば、相談時間も少なくてすみ、結果として、弁護士の費用も節約できるでしょう。
このマニュアルを読んであなたは、以下のことを知ることができます。
離婚の流れ
弁護士について
探偵について
離婚後にすること
離婚に必要な手続き

※離婚に必要なこと、離婚後に必要なこと、心のケア、子どもの養育のこと。。すべてこのマニュアルに詰め込みました。
このマニュアルを、何人かの離婚をして子どもを育てているシングルマザーに読んでもらいました。
・こんなマニュアルが欲しかった。

これがあれば、小さい子どもがいても手続きで困らない。
・また、自分の時にこういうマニュアルがあれば、離婚をしても、色々苦労しなくて良かったかもしれない…。
子どもの心のケアについて。
離婚後の経済的な問題について。
サポートしてくれる施設について。
私の思いを、すべてこのマニュアルに込めました。
経済的な基盤を作ること
あなたが専業主婦なら、
・アルバイト先を探す
・パート先を探す
・社員になる
など経済的自立のための下準備をしていってください。
※子供の親権を得るためにも、経済的な自立は、裁判所の調停で重要な要素のひとつになります。

子育て離婚完全マニュアル メールサポート付き

 

女性の転職に役立つ資格

男性、女性に限らず、将来最終的に頼れるのは、自分自身のキャリアなのではないでしょうか。
このキャリアやキャリアアップという言葉は、最近よく耳にするようになりました。
キャリアとは経験、キャリアアップとは、今までの経験や職歴を活かし、よりやりがいのある仕事に就くことなどをいいます。

キャリアアップをするために、必要とされることは、専門分野での知識や経験とされており、約半数以上の人が、キャリアアップのために自己投資をしているそうで、その目的の約7割が資格の取得のためとなっているそうです。

転職のためには必ず資格が必要というわけではありません。
しかし、より専門知識を高めるために漠然と勉強するよりも、資格などという目的があったほうが勉強もしやすくなりますし、自己アピールする材料ともなります。

資格は、より専門性を高めるためのものですが、女性が転職をする際、有利となる資格も様々あります。

例えば接客系の仕事でしたら、販売士などがあげられますが、最近ではDIYアドバイザーやシューフィッターといったより専門性の高い資格も人気があるようです。

事務系においては、その職種によって様々な資格があります。
簿記や秘書検定などは女性向けの資格として、既に周知のものですが、宅地建物取引主任者、証券アナリスト、ファイナンシャル・プランナーなど、生涯、仕事を続けて生きたいと考える女性にお勧めできる資格もあります。

転職には必ず資格が必要というわけではありませんが、より、なりたい自分に近づくためにも、資格の取得は良い励みにもなると思います。

商品説明:著者:中谷彰宏出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:231p発行年月:2008年01月この著者の新着メールを登録する面接の達人・中谷彰宏が、「転職がうまくいく人、いかない人」「前の会社の話で通る人、落ちる人」「ハンデがあっても通る人、落ちる人」をわかりやすく解説。やりたい仕事が見えてくる、自己分析問題集もついて、今年もパワーアップ!【内
さらに詳しい情報はコチラ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。